平谷湖フィシングスポット

2019/07/03

娘に釣らせてあげたい

平谷湖フィッシングスポット(管釣り場)に小学生1年生になった娘(6歳)と
遊びに行ってきました。

12時着、午後のペア券5,100円で入場(竿2本だしOK)
親子券だと3,800円と安く済ませられますが、竿1本って制限ありです。

子供がすぐ飽きることを見越して、親子券でもいいかとも思いましたが、
今回はペア券でいきました。

でも、よくよく振り返ってみると、
子供に教えながやったり、子供がちょくちょく休憩しちゃったりと、
結局は出してる竿は1本でしたね。(^_^;)

午前中でお魚がスレてしまってると、厳しいかなと思っていましたが、
結構、午後初めは表層を意識して活発に魚が湧いていました。

表層系のルアーを漂わせてるだけで、興味を示して魚が近寄って来てくれますが、
食わすとこまではさすがに難しいですね。

これがもどかしくも、釣りの楽しさすね。

今日の目標は、
娘がキャストからすべて自分でやって、
1匹釣る。
としてます。

キャストは何となくできるのですが、その後のルアーの操作、
誘いが、娘にはまだなかなか伝わらず。。。

あと一歩、
魚に食わすとこまでのコツを掴んでもらうには小学1年生(6歳)
ではまだ難しいのかな~と思いました。

しかし、

実は、数キャスト後には、娘に魚がヒットしました。

キャストしたルアーの着水を狙っていただろうお魚が、ド派手にバイトし、
しっかりフッキングしたようです。

水面で魚が暴れており、娘がアタフタしてる姿を見れたのは、ニヤけました。

ちゃんと最後まで魚は無事寄せられて、私がネットイン。

釣れたルアーはフローティングのクランク、オリーブ色で、
リーリングして泳がすことなく、着水と同時にバイトみたいでした。

その後も、
ラッキーバイトで娘に釣れてくれないかなと思っていましたが、

そう甘くはなく。。。

クランク系でリーリングしてれば釣れてくれるだろうと思っていましたが、
バイトはあるもののフッキングさせるというのがまだ娘にとっては難しく、
キャッチまで至らず・・・

娘は1匹の結果で納竿となりました。

管理場のお兄さんのアドバイスでは、朝一であれば、
子供でも、もっと釣れるはず!というお言葉をもらいましたので、

次の機会があれば早起きしていくしかないですね。
(朝一が釣れるのは分かってたのですが、子供が起きれないだろうということで、
今日は午後から行ったというのはあります・・・)



-------------SPONSOR LINK-------------
----------------------------------------


私の方は、おそらくですが、10匹ほど釣れたと思います。

そのうち、1匹だけ持ち帰らせてもらい、塩焼きにておいしくいただきました。

今回持ち帰った魚はおいしかったです。

たまたま泳ぎの得意な身がしまった個体だったのかもしれませんね。

爆釣してた人

私たちと同じポンドに後から来た人で、とにかく、爆釣れしてる方がいました。

ワンキャスト、ワンヒットの連続・・・
マジかよと思いました^^;

その人を観察してると、おそらく、
使用してたルアーは超軽量なマイクロスプーン。

渋めの色、茶系。

餌のペレットに似た、色、沈下速度の重さのルアーを選択してたと思われます。

キャストして、着水後、表層~中層で上下のアクション、
リーリングでアピールして魚を寄せて、

餌のペレットを意識した魚達にとにかく食わせまくっていたと

勝手な推測。

まだまだ腹減ってた魚が多かったということですね(^_^;)

で、真似してみた

私は、マイクロスプーンで比較的重いneoSTYLEのボトムキラー1.5gのものを1つ持ってたので使ってみました。

着水後、ボトムに沈むまでに魚が興味を示し寄ってきて、
ボトム着底後、食い気のある吸みの強い魚にルアーを加えたまま持ってかれます(◎◎)!
なので、そこでフッキングすれば釣れました。簡単に。。。

たぶんこういうことなんだろうと思いました。
ペレット(エサ)を待ち構えている魚が多い管釣り場では、
有効な手法であると感じました。

娘にもこれで釣らせたかったのですが、
魚がルアーを加えてるのを感じて(もしくは目視して)
フッキングするというのが難しかったようで、すぐに飽きられました
残念。

今回の経験から、
次回までにこんなマイクロスプーンを用意しようかなと思っています!

ロッド:グレート鱒レンジャー改SP50
リール:シマノ ヴァンキッシュ('12) C2000HGS
ライン:よつあみPE0.4号
リーダ:4lbフロロ

最後までご覧いただき有難うございました(^^)

-■管釣り
-