ロッド折れ DIY修理

4番ガイド~5番ガイドの間で折れたロッド

これまで、ティップ先端が折れた場合
何度かTOPを挿し直した修理をしたことがありました。
この場合、
簡単でド素人の私でも、実践レベルの使用に耐えるまでに直せました。

しかし、
今回は中間よりちょい上の、
4番~5番の間の折れについて、
親友より修理したい案件が出てきたので、
初・トライしてみました。

修理依頼のロッドは、
1ピースのバスロッド
Deps SIDE WINDER The BUGRAIDER
HGCS-66LXF 旧モデルかな?

 

愛着があるようで、できれば修理して使用したいとのこと。

芯材を使用して繋ぐ

先ずは、調査・・・

折れたロッドがチューブラということでしたので、
調べたところ・・・

基本的には、芯材を入れ
繋ぎ合わせた所をスレッド&エポキシで補強して、
というのが、DIYでできそうな、応急処置的な感じでした。

こんなイメージ↓

ただ、個人的に、

繋ぎ合わせたところがパット見て、
修理しました感が分かるのは、
やだなと~思いました。

そこで、
幸いにも折れた所が、5番ガイドの少し上だったので、
継目部分に5番ガイドを少しズラしてもってくることで、
修理感を少しでも無くせないかという、方策で実施してみました。

そーなると、
5番ガイドが少し前に来るので、
それ以降の4番、3番も調整して、

ガイド間隔は良い感じにしようと思います。

こんなイメージ↓

*補足
継目を完全に5番ガイドで隠すことも考えましたが、
5番ガイドの位置があまりにも前に行き過ぎて、
ガイド間隔のバランスが個人的に納得できなかった
ので、断念しました( ;∀;)


-------------SPONSOR LINK-------------
----------------------------------------

DIY作業手順

実際に行った手順について簡潔に記述します↓

1日目

(1)折れた周辺のひび割れや、ササクレはカット!きれいに断面処理。
(2)5番ガイトを外しちゃう。
(3)カットした所のブランク内径に合う芯材を用意。
私の場合、折れて使用しなくなったロッドを切り刻んで、用意しました。
普通は、売ってるテーパーカーボン材の中から、サイズ(径)の合う部分を
切り出すことになります↓

 

2日目

(5)繋ぎ合せ
一度、TOP側を挿し込み、ガイド中心を合わせ、
継目部にマーキング。
その後、残り45㎜の芯材にエポキシを薄く塗り、
マーキングに合わせ、再度TOP側を挿し込み、固める。

 

3日目

(7)継目部と5番ガイドのスレッド巻き
継目部の上下にスレッドを巻くついでに、
5番ガイドも巻きつけちゃう。

(8)4番と3番ガイドのスレッド巻き。
トップから5番までのガイド間隔をいい感じになるように、
4番と3番ガイドの位置を調整、
スレッドを巻き。

(9)エポキシの一層目塗り
スレッドに染み込む程度にエポキシをぬりぬり。

 

4日目以降~完成

(9)エポキシの重ね塗り。硬化。
スレッド部分にエポキシを重ね塗り。
欲張って1度にエポキシをたくさん塗ると
タレてしまうので、
何日かに分けて重ね塗りするのがいいですね。

重ね塗り後、完全硬化したら完成。

 

出来上がり

継目部と5番ガイド部分

ラインを通して、グイグイ曲げた感じを見てみると、
しっかり耐えてくれました('ω')ノ

スレッド巻きがまだまだ下手でガタガタでしたが、
何とか修復できた?と思います。

イシグロさんのHPのスレッド巻きが参考になりました。
ピンラインの入れ方も載ってたので、次回、修理する機会があれば、
ピンラインも入れてみたいと思います。

あとは、この修理したロッドを実践投入してもらいましょう。

さて、どうなるかな。

DIYロッド修理の材料、機器の紹介

1)芯材(テーパーカーボン)
2)本巻き用スレッド(黒)
3)装飾用スレッド(金)
4)2液タイプエポキシ
5)フィニッシングモーター(あると便利)
私はフィニッシングモーターは持ってません(;^_^A)
回転する適当な機器にロッドを無理くり付けて、回してます。

スレッドとエポキシは持っておくと、
簡単な修理はすぐにできるので、良いですよ。

 

最後までご覧いただき有難うございました(^^)

- ∟ロッド・リール, ■日常
-,